施工を科学する

圧入は杭に静荷重を加えて地中に押し込む「載荷方式」のため、完成した杭の構造体としての性能(支持力)を施工中に確認することができます。また杭の挙動を油圧で制御する圧入機は施工中の圧入力や圧入スピード、杭の貫入深さ、地盤から受ける先端抵抗や周面摩擦抵抗などを機械的に自動計測できます。

圧入管理システム

科学的な施工管理技術で「神経構造物」を構築

施工情報をリアルタイムに計測
圧入力、圧入スピードなどの情報をリアルタイムに計測しデータ化することで、圧入施工の科学的な管理が行えます。また、このデータを土質柱状図とリンクさせることで、地盤別の最適圧入数値の設定や障害物などへの対処を的確に判断することができます。

自動運転システム

高知海岸(仁ノ工区)でのインプラント堤防のモニタリング

手動運転の弊害を払拭し最適運転を実現
圧入施工において効率的に高品質な完成杭を構築するための実践理論を、圧入機に正確に実行させることで無駄を省き、あらゆる現場条件において最適な圧入の反復実行を可能とするシステムです。

新 GIKEN IT システム

新 GIKEN IT システム

好条件化を支える情報通信技術
現場で稼動する圧入機の圧入情報、メンテナンス情報、位置情報を、管理センターでリアルタイムに把握することで、トラブル時の的確な対処やフィードバックによる効果的な予防保全を行うための情報通信システムです。