代表メッセージ

新しい考え方と新しい方法で、建設のあるべき姿を実現する

当社は「建設の機械化」「工事の無公害化」を志して創業し、「発明」と「技術革新」によって旧態建設業界の変革に取り組んできました。限りある地球環境の中で、我々文明社会の永続的な発展を目指すためには、科学文明と地球環境という相反する存在の共生をはかる必要があります。圧入原理の優位性に基づく新しい考え方と新しい方法で、圧入の家元として蓄積し体系化された圧入技術を用いて、環境と文明が共生する建設のあるべき姿を実現します。

建設のあるべき姿を実現するための基準として「建設の五大原則」があります。この建設の五大原則は、環境性、安全性、急速性、経済性、文化性の5つの要素を、調和のとれた正五角形でバランスよく遵守することを定めた基準で、建設工事のあるべき姿を実現するための基本原則・判断基準です。当社を含め技研グループでは、この5要件を高次元に遵守する製品や技術の開発、新工法の提案や科学的実証をとおして、既成概念や既得権益、非合理的な習慣が重視される旧態依然とした建設業界を変革する「工法革命」を推進しています。

圧入の優位性を証明・普及する家元として、また責任ある地下工事を実践するスペシャリストとして、建設の五大原則を遵守し、圧入原理の優位性に基づく新しい考え方と新しい方法を、実施工フィールドにおいて科学的数値的に実践・実証してまいります。

株式会社技研施工 代表取締役社長
大平 厚