土木学会が「ジャイロプレス工法®」による杭の支持性能を認定

~鉛直支持力が求められる案件での活用範囲拡大~

2020.6.4 ニュースリリース

株式会社技研施工(本社:高知市、代表取締役社長:大平厚)のグループ会社・株式会社技研製作所(本社:高知市、代表取締役社長:北村精男)の「ジャイロプレス工法®」が、公益社団法人土木学会の技術評価を受け、同工法で圧入した鋼管杭の支持杭としての性能が認められました。この評価により、道路橋梁の基礎部といった鉛直支持力が求められる案件における同工法の活用範囲が拡大し、提案の幅がいっそう広がります。本評価を受けたことで、現場によっては施工後に杭の支持力を調べる載荷試験を省略でき、工期の短縮と工費の縮減を実現します。今回の土木学会への評価は、一般社団法人全国圧入協会(JPA)が依頼したものです。

ジャイロプレス工法®のイメージ図

■ジャイロプレス工法®
鋼管杭の先端に切削爪を付けて回転圧入することで硬質地盤、さらにはコンクリートなどの地中障害物を貫通し、地震や津波に粘り強く耐えるインプラント構造物を短期間で造ります。既存構造物を撤去せずに圧入でき、現状機能を維持したまま機能強化、再生が可能です。硬質地盤や地中障害物が埋まる地盤において、従来工法は地盤を掘削し、砂に置き換えるなどの作業が必要ですが、ジャイロプレス工法®はその手間が要りません。また、機械は施工した杭上を自走できるため広大な作業スペースや作業用仮設工事が不要。従来工法の無駄を省き、工期、工費を縮減します。

■評価内容
 本評価は、ジャイロプレス工法®で圧入した杭の支持力を推定する「支持力評価式」※が、これまで行われてきた載荷試験結果を適切に再現していると認められたものです。地震や港湾、道路、鉄道、杭などを専門とする6委員でつくる「 『回転切削圧入工法(ジャイロプレス工法)の設計法・施工法』に関する技術評価委員会」(委員長・濱田政則アジア防災センター長)によって審査されました。
※ 本評価式は、道路橋や高架道路に関する技術基準を定めた日本道路協会の道路橋示方書に規定されている考え方に基づいています。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社 技研製作所 経営戦略部 情報企画課
高知本社/高知県高知市布師田3948番地1
TEL:088-846-6783(平日8:00~17:00)
E-mail:info_plan@giken.com