仕事紹介

主な仕事は、従業員に代わって資格の申込手続きや更新等を行う資格管理です。健康診断後のサポートをする健康管理や安全衛生協議会といった事故防止に関わる仕事もしています。

 

仕事で感じるやりがいは?

資格や試験等の問い合わせにすぐに対応し、「ありがとう、早い対応で助かった」と言われた時や、仕事をスムーズにできたと実感できた時です。杭の先端(製品事業から始まり、実際に発明した機械によって利益を生み出すところ)である、現場を止めてしまうようなことはあってはなりません。単純なことかもしれませんが、自分の仕事が杭の先端に繋がっていると感じることができます。

大変だったこと、つらかったことは?

資格や機械、安全法令等の知識が全くなかったため、聞かれたことに対してきちんと答えられず、答える際も自信をもって返答できなかったことです。担当業務にもかかわらず、きちんと答えられないことが悔しかったです。1度目はどうしようもありませんが、疑問に思うことやわからないことは自分で調べたり、積極的に上司や先輩に聞いたりして、2度目はきちんと答えられるようにしています。

仕事で気をつけていることを教えてください

何事にも好奇心を持って取り組むことです。いろいろなことに対して興味を持つことで、自分の理解を深めることができます。また、そこからコミュニケーションが生まれ、自分の業務以外のことを知るきっかけにもなります。

 

一番印象に残っていること

安全課の上司に、「安全課は会社全体で事故を起こさせないことが1番の成果」と言われたことです。これは他の部署とは違い、いくら自分達が頑張っても、全社員の意識がなければ成し遂げることは不可能ということです。全員が安全意識を持ち続けることは決して簡単ではありません。しかし、それを成し遂げられた時には間違いなく、自分ひとりではなく全員で、大きな達成感と喜びを共有できると思いました。

将来の目標、チャレンジしてみたいことは?

海外にかかわる仕事にチャレンジしてみたいです。技研グループ売上国内3割、海外7割という目標に向けて、私も会社に貢献できると思うからです。また、私自身学生のころから海外に興味がありました。様々な文化に触れて刺激を受け自己成長につなげたいです。

入社理由

自然災害が多い高知県で地元に貢献ができ、海外へも積極的に事業展開していることに魅力を感じました。また、「技研は厳しいが、技研で働けたらどこでもやっていける」と言われたこともあり、自分自身も大きく成長できると思ったからです。

GIKENに入社して自分が成長したな、と実感するところは?

あまり自分に自信が持てない性格で「~と思います」と言ってしまうことが多かったのですが、新入社員研修で断定話法を学び、「~です」と言い切ることを意識するようになりました。断定話法は相手に安心を与え、自分に責任を与えます。物事に自信が持てない場合には、不確かなものをきちんと明確にしてから相手に伝えるように心掛けています。

GIKENの魅力はどんなところですか

「技研にしかできないことがある」というところです。
建設業のあるべき姿を求め、「建設の五大原則」と圧入原理に基づいた工事を行うことで災害から人々を守り、生活をより快適で豊かなものにします。これは、他の会社では成し遂げられないことであり、大きな社会貢献にもなります。

休みの日はどのように過ごしていますか

旅行に行ったりしています。旅行は美味しい物も食べられて、いろんな人との出会いや発見がたくさんあり、リフレッシュになります。行きたいところはたくさんありますが、学生の時に沖縄の離島巡りをしてから、島の魅力にはまったので、五島列島や屋久島に行ってみたいと思います。高知も自然豊かな場所なので、隠れスポットをたくさん探していきたいです。

学生のみなさんへアドバイス

是非、社会人と積極的に話をしてください。学生の間は、なかなか話す機会はないかもしれませんが、社会人と話すことに慣れておくと、入社前も入社後も役に立つと思います。また、様々な経験談を直接聞くことで、将来の自分を描きやすくなると思います。