技術課/西日本

仕事紹介

新しい工法の開発・実証試験を行っています。その工法が実際の現場で採用されると、私自身も現場メンバーのひとりとしてセッター業務につくこともあります。そのほかには、現場で使用する機器、道具、消耗品等の使い勝手や安全性の向上やコスト削減を目的として、新しい機械・機器の開発も行っています。

仕事で感じるやりがいは?

自分が携わった新しい工法や開発した機械・機器が現場に投入され、施工が行われているのを見た時や、その結果として利益が上がると、やりがいを感じます。

大変だったこと、つらかったことは?

新しい工法や新しく開発した機械は、実際に現場で思い通りにいかないことや不具合が生じることもあります。確かに大変でつらい思いもしますが、その時は前向きに、現場のメンバーと意見や知恵を出し合い、問題を解決しながら施工を進めていきます。

仕事で特に気をつけていることを教えてください

私たちが開発する新しい工法や機械は、最終的には現場で使用してもらって役に立ってこそ意味を成します。なので、新しい開発に携わる時は、現場での「使いやすさ」という点を特に気を付けています。

一番印象に残っていること

入社3年目の時に、自分が開発に携わった機械が採用され、その現場に私もメンバーとして入ったことが印象に残っています。初めての試みを行う時は、不安や心配事がたくさんありますが、自分が携わった機械を採用してもらい、無事工事を終えた時は開発のやりがいや醍醐味を感じました。

将来の目標、チャレンジしてみたいこと

現在は新しい工法や現場で使用する周辺機器・道具の開発をメインに行っていますが、私はもともと機械が好きなので、圧入機の開発・組立・実証試験に携わってみたいです。

 

入社理由

私は高校・大学で機械工学を学んできましたので、機械メーカーで働きたかったことと、地元高知の企業で就職したかったこと、この2点が私の入社理由です。技研グループは、本社こそ高知市にありますが、国内外に拠点を持ち、世界中で活躍している点も魅力的でした。

GIKENに入社して自分が成長したな、と実感するところは?

自分の担当業務の中で、できるようになることが増えていくことも「成長」だと思いますが、自分が成長したと一番実感するのは、周囲に対して気を配れるようになったことです。どんな仕事をするにしても、まずは周囲、特に先輩方への気遣いが一番大切だと思います。

GIKENの魅力はどんなところですか

誰にも真似をすることができない、独自の技術を持っているところです。また、現状の技術に満足せず、新しい工法・新しい機械を生み出し続ける精神がGIKENの魅力だと感じています。

休みの日はどのように過ごしていますか

私の趣味であるキャンプに行ったり、車が好きなのでドライブに行ったりすることが多いです。社内には車好きの社員も多く、一緒に走りに行くこともあります。また、出張中の休日は、その地方の観光地や有名な場所に出かけることもあります。

学生のみなさんへアドバイス

世の中には数多くの企業があります。就職活動の第一歩は企業を知ることだと思うので、決して凝り固まらず、様々な業種・業界を知ることが大切です。また、いろいろなことに興味や好奇心を持つことで今まで知らなかったことを知り、気づくこと、感じることがあります。視野を広く持ち、何事にも興味を持ってトライしてみてください。