仕事紹介

入社して1~3年目は、地下プロジェクト課でエコサイクルの施工管理に携わりました。現在は、圧入工事現場のセッターという役割で、サイレントパイラーのオペレータの手元作業を担当しています。

これまで関わった代表的な現場実績や案件を教えてください

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

○エコサイクル(機械式駐輪場)
・京都市市役所前広場自転車駐車場
現場作業としては主に、測量や現場管理の写真撮影を担当、事務作業ではCADを使った作図やエクセルによる書類作成を行いました。

○九州新幹線
現在の担当現場です。九州新幹線工事に伴う鋼管杭による抑止杭施工を行っています(2018年4月現在)。鋼管杭の建て込みや、現場内の段取り替え、ガス溶断作業、現場内の環境整備等、オペレータが効率よく圧入するために必要な作業をしています。

仕事で感じるやりがいは?

やりがいは常に感じています。現在の所属(実証施工課)は、まだ経験が浅くわからないことも多いので、先輩や上司から教えてもらうこと一つ一つが身に付いていっていると実感しています。
ガス溶断や溶接作業も最初はできなくても、経験を重ねていくうちに少しずつできるようになり、また、任された準備作業がうまくでき、そのあとの作業全体が滞りなく円滑に進んだ時など、自分が成長していることが実感できるので、とてもやりがいを感じています。

大変だったこと、つらかったことは?

どの作業でも言えますが、自分に任された作業をこなせなかったときです。せっかく私に任せてもらった作業ができず、先輩や上司の手を止め、現場全体の作業が遅れた時はものすごく辛いし、自分自身歯がゆく思います。しかし、次に作業する際には事前にしっかり準備をし、同じ失敗は二度としないように努力しています。

一番印象に残っていること

京都市市役所前広場エコサイクル

地下プロジェクト課の時に、自分たちがつくったエコサイクルを地域の方々に喜んで使ってくれているのを見て「この仕事に携われてよかった」と思ったのが一番心に残っています。

将来の目標、チャレンジしてみたいことは?

目標は、皆の先頭に立って仕事ができる社員です。今は経験も実力も足りないので目標には程遠いですが、一緒に仕事をしている先輩方のように将来は私も先頭に立って会社の利益に貢献できる社員となれるよう頑張ります。

入社理由

高校3年生の時に、担任の先生が勧めてくれたのがきっかけで技研を知りました。当時は技研を知らなかったので調べてみると、圧入工法で国内外問わず広く活躍しているところに魅かれて、「技研に入りたい!」と思い、入社試験を受けることを決めました。

学生時代に頑張っていたこと

学生時代は特に部活動を頑張っていました。小学生のころから続けていたサッカーです。高校でも続けていて、全国大会出場を目標に日々練習等に励んでいました。目標は叶いませんでしたが、厳しい練習での辛さや試合に勝った喜びを分かち合うチームメイトと出会えたことが財産となりました。

休みの日はどのように過ごしていますか

高知県内にいるときは社会人のサッカーチームに所属しているので、チームメイトとサッカーをしています。出張先でもネット等で参加できるチームを探し、現地のチームに合流しサッカーやフットサルで体を動かしています。

学生のみなさんへメッセージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

学生と社会人は想像以上に違いがあります。上下関係や言葉遣いや身だしなみなど、私が高校生の時に考えていた以上に違いました。会社によって社風も異なるので事前に調べるのもいいですが、応募する前に実際の職場を見学に行き、社風を肌で感じてみるといいと思います。また、最初はどんな業務もわからないことだらけで困惑すると思います。自分ができないのや怒られて仕事がしたくないって思うこともあるでしょう。でも、頑張って努力すればどんな人でも成功すると信じ、つまづいたときは「もう一度頑張ろう」と思ってひたむきに頑張ってください。