Home>News>ニュースリリース>GKS17NW001JA

ニュースリリース

ニュースリリース
ニュースリリース
2017年1月17日

バングラデシュODA案件にて、圧入工法による橋梁の基礎工事を受注

株式会社技研施工(本社:高知市、代表取締役社長:大平厚)は、バングラデシュでのODA(政府開発援助)案件にて圧入工法による橋梁の基礎工事を受注、本年1月より着工の予定です。

本案件は首都ダッカと第2の都市チッタゴン間の国道1号線上に位置するカチプール橋、メグナ橋、グムティ橋の既存3橋を改修し、既存橋に並行して第2橋を新設する工事です。車線の拡幅に加え、橋脚の洗掘や耐震対策を実施して安全性を高めることで、交通量の増加に対応し、バングラデシュ経済全体の活性化に寄与することを目的として行われるものです。

橋梁の基礎工事にあたっては、日本の独自技術である鋼管矢板井筒基礎構造が採用され、特に難易度の高い桁下部を当社の圧入工法によって構築します。サイレントパイラー4台での同時施工により、鋼管矢板 合計460本(φ1000、L=28.0m~56.0m)を約7ヶ月の短工期で施工します。

技研グループでは、長期ビジョンとして海外での売上比率を全体の7割とする目標を掲げており、経済発展の著しいバングラデシュでの本案件は、当社工法の優位性を広くアピールできる絶好の機会と期待されます。今後もインプラント工法をグローバルに普及拡大させる戦略的なビジネス展開を進めていきます。

圧入工法よる橋梁基礎構築イメージ
圧入工法よる橋梁基礎構築イメージ

■ 事業概要

1. 事業名:
カチプール・メグナ・グムティ第2橋建設工事および既存橋改修事業
2. 場 所:
バングラデシュ人民共和国
3. 発注者:
バングラデシュ人民共和国 道路交通・橋梁省 道路局国道部
4. 元請業者:
大林組、清水建設、JFEエンジニアリング、IHIインフラシステム共同企業体
5. 全体工期:
2016年1月より48ヶ月
6. 鋼管矢板圧入工 工期:
7ヶ月(2017年1月着工予定)

以上

  • 圧入施工実績
  • ビデオギャラリー

Topics

  • ジャイロプレス工法
  • 硬質地盤クリア工法

Links

  • 株式会社技研製作所
  • IPA国際圧入学会
  • JPA全国圧入協会